スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[mur mur cruise]レポート#10

  • 2005/11/27(日) 00:56:57

ママのお見送り!

そんなこんなで、日もとっぷり暮れて
船も日の出桟橋に近づきました。
いよいよイベントもエンディングです。
そんな少しさびしい雰囲気の中、
最後にアンコールということで、
「白いページの中に」を再びアカペラで歌う笠原弘子。
ライブじゃなくイベントなので、あまり歌は聴けないと思っていましたが
結局4曲も聞けました。しかも初のアカペラで。

私的な意見ですが個人レポートなのであえて書きますが
私は「アニメ声優」の笠原弘子さんはそんなに好きじゃありません。
なんというか、演技が生々しいというか妙にリアルで
アニメだと声だけ浮いてしまうような気がするのです。
ですから、「吹替え」のほうが好きです。
あ、話が脱線しましたが、それよりも何よりも
「歌手」の笠原弘子は大好きです。
確かに、最近はあまりぱっとしませんが…
笠原さん本人も「歌手」活動が一番好きなのだろうと
今回のイベントでも実感いたしました。

そして、ファンとの距離も出来る限り近づけたいのだろうと…
実際本当に近くでしたが…
右隣に座っている、あやつき君からなら確実に手が届く距離でした。
いやいや、届くどころかその気になれば抱きつけます。本当に真横ですから。
いいのか?この距離。でも、ま、いいか、皆分別ある大人だし…
…でも、みんなアルコール入ってるけど…
本当に大丈夫なのか?いいのですか?
と思わずファンのほうが心配してしまうほどの距離感です。
そんな、『手の届くような距離感』
だからこそ私はファンでいつづけられるのだと思います。

そして、
名残惜しくも、笠原さんとJ子さんの挨拶でイベントは終了。
船が接岸した桟橋に目をやると、下船口に笠原さんの姿が。
思わず手を振ると、気づいて手を振り返してくれました。
こういうのもお金じゃ買えない思い出ってやつです。
その後、まるで銀座のママのお見送りのごとく
下船口でお見送りされて、皆、船を降りました。

これで、そそくさと帰っちゃ面白くない!
桟橋の入り口でしばしファンの方々と歓談してました。
桟橋の入り口は1箇所しかありませんので、しばらくすると
当然、スタッフの皆さん&笠原さんが船から降りてこられました。

で、皆拍手でお見送り返し!
と、まぁ、こんな感じで「FC初イベント」は終了いたしました。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。